2017年2月12日日曜日

魔女は何故、スープを作るのか?

このところ寒い冬が続いてますが、朝は、いつも簡単・野菜スープです。
冷蔵庫を見て、残っている野菜があったら、どんどん切って鍋に入れます。
ニンジン、玉ねぎ、キャベツ、白菜、ブロッコリーの芯など、なんでもOKです。

5㎝角ほどの昆布(もしくは、既成の昆布汁)を加えれば、なおベターです。
とにかくぐつぐつと、煮ましょう。

最後は、自然塩と胡椒で味付けします。
ほっと暖か、おいしいスープの出来上がりです。

お鍋に残った野菜は、
後でいろいろなおかずに変身することもできます。

インフルエンザや風邪が流行っていますが、この野菜スープのおかげで無縁です。

ひとつの野菜には、実は何千種類ものビタミンやミネラル、抗酸化成分が含まれています。
それらは、からだの調子を整え、足りない栄養を補給し、老化につながる細胞の酸化を防いでくれます。
「セサミンがいい、いやいやグルタミンがいい、やっぱりビタミンC」と昨今は、いろいろなサプリメントがもてはやされていますが、それは野菜のほんの一成分にすぎません。

もしサプリメントで、たったひとつの野菜に含まれる栄養成分を摂ろうとすると、何千種類ものサプリメントを飲まなければならないことに。
つまりサプリメントよりも、はるかに効率よく体調を整えてくれる力が、それぞれの野菜にはあるわけです。

そんな野菜が、いくつか混じり合ったスープなら、まさに薬以上のパワーを発揮します。

ましてやその野菜がオーガニックなら、さらにパワーアップすること請け合いです。

何故、魔女がスープを作るのか?
長年の問いが、最近、私はよーくわかったような気がしています。



根昆布だしと海の塩で作ったスープ。

2017年1月31日火曜日

今年は、「素髪」美人になろう!

髪のダメージを感じている人が増えているせいか、
最近は、ノンシリコンシャンプーに人気があるようですね。

梅の花があちこちで開き始めました。

シリコンとは、合成ポリマーのこと。
「ノンシリコンシャンプーだから」と安心している人も多いのですが、じつは、シリコンの代わりになる、ほかの合成ポリマー成分が使われていたりするので要注意です。

たしかにメチコンやジメチコンなどの合成ポリマーは使われていなくてもよく見ると「ポリクオタニムー10」などが配合されています。これは合成ポリマーです。

合成シャンプーには、必ず合成ポリマーが入っています。


先日、うぐいすも見つけましたよ!

合成シャンプーの洗浄成分は、合成界面活性剤なので、
使っていくほどに、どんどんキューティクルが溶かされていきます。

キューティクルは、髪の保護層であるとともに、
髪本来のツヤです。

消えてしまったキューティクルの代わりとなるのが、
合成ポリマーで、髪を包んで偽のツヤとなります。

もし合成シャンプーに合成ポリマーが配合されていないと、
すぐに髪のツヤが無くなっていくので、
そうした商品は決して作られません。


石けんシャンプーは、
いうまでもなく、ノンシリコンシャンプーです。

髪のキューティクルを溶かすことがないので、
キューティクルの代わりになる
合成ポリマーを配合する必要がないからです。

今年は、
石けんシャンプーで髪本来のツヤを取り戻して
「素髪美人」になりましょう!

私の心にも、春が近づいてワクワク。

2016年12月6日火曜日

川の健康を守るために、 石けんを使ってください。

よく川沿いの道を散歩します。
天気がいい日は、川面が銀の光となって流れ、
やっぱり水を見ると気持ちが柔らかくなります。

川沿いの散歩道の木々も
赤いドレスをまとって、
いつもよりやさしく見えます。

ただちょっと気になることがあります。
それは、川面を行く、消えない白い泡をよく見かけること。
とくに10時ころ、あるいは2時ころに、
この白い泡が多く発生しています。

そうです。
ご飯が終わって、食器を洗ったり、洗濯をしている時間です。
消えない泡は、合成界面活性剤です。

どうして合成界面活性剤とわかるのかというと、石けんの泡は、汚れに合うとすぐに分解して、いつまでも泡の形状を保つことはないからです。

自然界で分解しにくい洗浄成分である合成界面活性剤の泡は、水の生態系をどんどん壊してしまいます。
この泡が流れている川は、やがて自然浄化力を無くしてしまいます。
その結果、川の透明感は失われ、青黒い不健康な川面になっていきます。

私の散歩道の川も年々、色が変わっていくので心配です。
そういえば、鳥の姿も減っているような気もします。

昔は、美しく光る羽を持ったカワセミもいたのに……

汚れた川の水は、じつは廻って私たちの口へとやってきます。
川の健康は、そのまま私たちの健康とつながっています。

きれいな川をそして自分を守るために、洗剤やシャンプーは、
ぜひ石けんを使ってください。

2016年11月22日火曜日

本物のオーガニックコスメが教えてくれること

オーガニックコスメは、植物のパワーを活用したコスメです。

たとえば、古代から美容成分として愛用されてきた薔薇には、
乾燥肌に対して皮脂分泌を促す作用があります。

木の根元に広がる木の葉。
それは年々、
大地をもっと栄養豊かにしてくれます。

 またラベンダーは、フランス人がもっとも好きな香りとして知られていますが、
抗菌作用にすぐれており、肌を清潔に保って、吹き出物を予防し、
なめらかな肌を保ってくれます。

日本では、ヘチマ水が使われてきましたが、抗酸化力がきわめて
高く、肌のくすみやシワを予防してくれます。
そのためヘチマ水は、「美人水」とも呼ばれてきたほど。

昔から使われてきた美容植物は、
知れば知るほど、素晴らしいパワーを秘めています。

青い空を背景に輝く、金色のイチョウの木。
自然は素晴らしい芸術家ですね。

しかし合成成分が入り混じったコスメでは、
植物本来のパワーが発揮されることはありません。

年々、オーガニックコスメへの関心は高まっていますが、
合成成分が入り混じった製品も多いので、
オーガニックコスメ本来の良さは伝わらないのではと心配です。

花のように
鮮やかな木の葉。
何故、こんなに
きれいなんだろう?

「オーガニック生活便」が、天然100%であるオーガニックコスメに
こだわるのは、植物のパワーをぜひ皆さんに実感してほしいからです。

本物のオーガニックコスメにとって欠かせない条件は、
まずは天然成分100%であることです。

本物のオーガニックコスメを使っていると、
植物の素晴らしい力に気づき、
自然と、自分の体がひとつに結ばれていることが
実感できるようになってきます。

いつもの散歩道も
鮮やかな色合いに染められてました。

2016年11月11日金曜日

ハッピー・オーガニックライフ――地球と私のからだは繋がっている

11月、寒さがつのってきました。

でも、また「小春日和」で温かくなるという話も出ていて……。

秋と言えば、やっぱり萩の花。
しっとりとしたピンクが心を和ませます。
秋の七草にも入っていますね。


風邪をひく人が多いようですが、こうしたアップダウンする天候にからだがついていけないことがあるのでしょう。

ぶるぶると体が震えるほど寒くなったと思ったら、次の瞬間は、汗をかくほど、ほてってきたり……


川岸のススキにとまっていたバッタくん。
秋の風を感じます。

以前から地球もひとつの生命体という考え方がありました。

その考え方からすると、最近の気候の変わり様は、地球が体調を崩しており、なんとか調和をとろうとしているのかなとも思えます。

つまり地球も風邪をひいているのかも……。

地球にやさしい生活をすること。


それはただの美しい言葉ではなく
そこで暮らしている私たちが元気に生きるための、本当に有効な方法です。


金色の秋の陽ざしを
散らしながら揺れるススキ。
ススキは、素朴どころか、
とても華やかな植物なんですね。

地球と自分は、ひとつにつながっている、と感じながら暮らすこと。


2016年10月6日木曜日

「細胞を壊す」のは、合成界面活性剤

医療現場での不審な問題が明るみに出て以来、「逆性石けん」という言葉をよく聞くようになりました。

ちょっと気になるのは、「逆性石けん」という言葉です。
あたかも「石けん」が悪いというイメージを与えてしまいます。
「逆性石けん」も「石けん」もたしかに「界面活性剤」ですが、その働き方はまったく異なるものです。

まず「界面活性剤」とは何か?
「界面」とは、質が違うものの境界を意味しており、「活性」とは、境界を無くしてしまうことを指しています。つまり本来、混じり合わない水と油を、混じり合うようにできる成分です。
そのため化粧品では、洗浄成分や乳化剤としてよく使われています。

「界面活性剤は細胞を壊す」、と言った言葉も出ていますが、これまた誤解があるようです。
正確には、「界面活性剤」ではなく、「合成界面活性剤」というべきです。

今回、使われていた「界面活性剤」は、「陽イオン系界面活性剤」だったとのこと。

ちなみに「界面活性剤」は、4つの種類に分けられます。「陽イオン系界面活性剤」、「両性界面活性剤」、「非イオン界面活性剤」、「陰イオン界面活性剤」があります。これらは、「界面活性剤」が水に溶けた状態の特性を表しています。

石けんもまた「界面活性剤」ですが、「陰イオン界面活性剤」に分類されており、イオンが対極の「陽イオン系界面活性剤」は、別名「逆性石けん」と呼ばれているわけです。「逆性石けん」は本来の石けんとはまったく違う働きをする「合成界面活性剤」です。

石けんには、「合成界面活性剤」のように細胞を壊す働きはありません。

石けんは、何かを洗うと、すぐに「活性」という働きを失うのです。
ところが「合成界面活性剤」は、洗った後も「活性」という働きを失うことがありません。水と油を混ぜ合わせる「活性」という働きを持ったままなので、肌の奥に浸透し、細胞を壊してしまうなどの作用を及ぼします。
「合成界面活性剤」がベースの合成シャンプーが、石けんシャンプーに比べて泡立ちがいいのも、「活性」という働きが持続するからです。

「界面活性剤は細胞を壊す」は正しくはありませんが、「合成界面活性剤は細胞を壊す」は、真実です。

今、「婦人科系の病気」が急激に増えていることも、合成シャンプーが関係しているのではという説も出ています。
事実、シャンプーを合成から石けんに変えただけで、生理痛が軽くなったという話もあるほどです。

髪と頭皮と、そしてからだのために、ぜひ石けんシャンプーを使いましょう。

2016年9月2日金曜日

オーガニック生活便ができました。

「オーガニック生活便」14号が、印刷所から上がってきました。
最新号をお待たせしました。皆様にお届けする作業を行っております。
今回の編集作業もあれでもないこれでもないと、磨き上げてきました。ただの商品カタログではなくオーガニック情報満載の「オーガニック生活便」をお楽しみください。
核のないオーストリアの森林エネルギーの活用、アマゾンの森の実情について新しい取り組みを紹介し、成功している事例をお知らせしています。
日本オーガニックコスメ協会は、消費者の立場からオーガニックコスメの基準を定め、JOCA推奨品マークを作りました。どのような商品にマークがついているかもカタログで表示、説明しています。
「衣食住丸ごとオーガニックライフ」を実現できるカタログ誌としてご活用ください。 木村寿宏

ついにオーガニック生活便14号をお届けできます‼